10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

     
    auther:スポンサードリンク, -, -, -
    Kindle!!キンドル!
     
    0
      JUGEMテーマ:読書
       
      昨年のアメリカのクリスマスシーズン、「何がほしい?」と聞かれて「Kindle!!キンドル!」と答える人が急増中だったとか。

      いや〜、これは素晴らしいわ〜〜!!Kindle!!

      昨日もニューヨーク・タイムズ社が大規模なリストラを行ったとか、時代はインターネットに移行しつつあり、新聞、雑誌の行く末は・・・とかいう話題をクローズアップ現代で扱っていた。

      ネットは興味がある記事だけPick Upしやすいし、いつでもCheck出来る。過去記事も探しやすい。

      でも私的にはそれだけではない、大きな理由がある。

      本も、新聞も、結局は「物質」としてかさばりすぎるのである!!そしてまた、検索できない!!

      少し前に日本で起きた地震で、女性が本に埋もれて亡くなったという記事は、衝撃的であった。

      今までは「Digitalなんて、とんでもないわ。やっぱり紙の本、印刷の凹凸、表紙・・・この手触りが・・・」なんて悠長なことを思っていたけれど、ITに慣れてくるとまず検索できないもどかしさが先立つ。

      どこかに載ってたけど、どれだっけ・・・?
      あ!あれか。で、あの本どこ??・・・・

      本が増えるとその分探すのも容易ではなくなるわけで・・・
      おまけに保存も大変。紙は劣化し、湿気やほこり、虫の心配も出てくる。

      要するに、アナログ盤→CD→ダウンロードと音楽が辿った道筋を本も辿る。

      なので、ハードカヴァーなどという贅沢品は、コレクターくらいしか持たない時代がもうすぐそこではなかろうか。

      逆にアナログ盤のよさも見直されてわざわざターンテーブルを用意して「ぱりぱり」という音を楽しむのと、紙の本を「ぱらり」とめくる楽しみが、きっと同じになる。紙の本はなくならないとは思う(希望)再版がなさそうなレア本は取っておいたほうがいいかも。

      それにしても何故、日本版BookReaderがまだ普及していないのだろうか。
      たとえばPSPなどでもそういうソフトはあるけれど、本の種類があまりない。

      やはり品揃えと連動していないとまずい。
      その点、amazonは強い。

      Kindle日本版・・・まだ・・・!?

      今のところ、amazon.comに登録すれば、洋書はダウンロード出来る。
      早速試してみたが、ほんとに60sec!!である。
      今は1$=90円台だから、洋書もgetしやすくなった。

      KindleはPCあるいは、iphoneに、Freeでダウンロード可能。
      文字の大きさも変えられるし、これって、慣れちゃったらもう、戻れないかもしれない・・・
      もちろん、本体は軽くて持ち歩けそうだし、いつでもamazonからダウンロード出来るみたいだから、早くこっちがほしい。

      なんと、本体では、読み上げ機能も付いているのである!!
      目が疲れてもこれなら大丈夫ではないの。洋書だったらリスニングにも使えるし。


      ここ5年くらいで、このスタイルが定着すると思う。No Doubt.

      こないだも、FreePaperのL25で、ここ十数年での荷物の重さを比べる記事があって、とっても興味深かった。

      CDを何枚も持ちあるていたことだって、今じゃ想像できない。こう、本みたいになってて、ケースから出してCDだけを入れるやつ。懐かしい。

      でもその前は、カセットテープだったのだ。(MDってのもあったね。いまだに使ってるけど・・・)

      今どきの女子が初期のWalkmanを見て、「これってあんまり曲が入らないし、テープがかさばって大変そう!」
      それどころか、頭出しだって、出来なかったんだよ・・・でもやっぱりあの当時音楽が「持ち歩ける」だけで画期的だったのだ。

      要するに本だって、そうなる。

      特に辞書!!電子辞書もあるけど、いくつも持たなきゃいけないし・・・
      Kindleに全部辞書が入ってたら・・・と思うと夢のようである。

      「え〜、昔の人ってこんなでっかいもの、何冊も持ち歩いていたの?!」などと言われるにきまってる。そうだよっ!!重いんだよっ!!

      CDだって、ここ20年くらいの歴史なんである。そしてとうに・・・廃れた。
      それくらい、移り変わりが激しい。

      これはだいぶ前のニュースだったけど、ワールドリポートという世界からの話題で、フランスの小学校が「子供が抱えてくる荷物(学用品)」を軽くするため、デジタル化をしたという。

      黒板ではなく、デジタルボードで、宿題もプリントはなく、自宅でダウンロードする。
      病気で休んでも、連絡事項はすべてコンピュータからダウンロードする。

      子供たちは活き活きとしていて、「面白い。ボードの前で発表したい」とか、「荷物が軽くなって嬉しい」と口々に言っていた。

      そんな学校を取材した日本の記者に学校関係者が「日本ではもちろん、どこももうやっていることなんでしょうが・・」と恥ずかしそうに言ったところ、記者が「そんな学校は一つもありません」

      そのときのそのフランス人の顔。「えっ!!・・・(絶句)そ、それは・・信じられませんね。あの・・・日本がですか?・・・いや〜、まあ、あなたがそう言うなら信じるしかないですが・・・ほんとに?」

      ほんとほんと。私も信じられませんよ。ったく。





      とりあえず日本版・・・お願いします。



      amazon.com
      Kindle DX こちら(ページのリンクのみ)動画もあるよ。
      http://www.amazon.com/Kindle-Wireless-Reading-Display-Generation/dp/B0015TG12Q/ref=amb_link_85156411_2?pf_rd_m=ATVPDKIKX0DER&pf_rd_s=left-1&pf_rd_r=0QPM8S2X7FQYED6J2RP7&pf_rd_t=101&pf_rd_p=66620322&pf_rd_i=1284007011

       
      auther:mama-J, ★Talk,others, comments(0), trackbacks(0)
      4周年!
       
      0
        JUGEMテーマ:日記・一般
         
        こんばんわ

        実は!!

        このBlog始めてから、ちょうど4年経ったところなんです。
        4年って・・・どれくらいの感覚??

        あ!!!っと言う間だったことは間違いないけれども。

        これを始めたときって、Videoを張り付けたりっていうことも、まだあまり簡単に出来なかった!
        だから、それを特化してみてたわけです。

        わかりやすく言うと、あのYouTubeが出来てから約4年!!

        4年前はなかった!!ということになる。(嘘みたい)m

        MusicVideoだって、前はこんなに簡単に、見たり貼ったりできなかった!!

        たった4年、でも、こんなにネット関連って進化してるんですね〜。

        Blogも、今では有名人もみんな私生活を書いているし、そういうものがたくさん読まれているのもわかるし、かと言って一般人のBlogが全部面白くないのかと言うと、そうでもない!

        でも、内容と言えば、後先考えないで言いたい放題やっていても、脅迫じみていれば逮捕されるし、秘守義務違反があったりで、モラルも問われる。

        なんだか考えすぎると書けなくなるぅって感じで・・・

        なにげにムスメも事務所に入っているから、勝手にいろいろは書けません!
        差し障りのない程度?というか・・・

        ぶっちゃけ度が下がってます・・・ぅ〜ん。

        ムスメは今、大学と曲制作、そしてガールズトークで大忙し!
        彼女を見ていると、「私なんて、えらく凡人なんだわやっぱり・・」と思うことしきり。
        このあたりのことは、またの機会に。

        ところで、先のエントリーで占いじみたことも書いたけど、そういうのは基本的に信じるわけでもないんです。

        矛盾してるみたいだけど、そういうことじゃなくって・・・

        もっとなんか、ストレスをなるべく感じないで、周りの人たちと良好にやっていくことが、望みというか、自分も周りも幸せを感じられるような・・・そういう精神状態でいなくちゃいけないというか・・・

        現代ってそんな当たり前のようなことですら、壊れてる気がするので。

        周りに”壊れてる”人がいたら、怖いでしょ?

        そのための具体的な方法なんかをいつも模索しているので、そういうことを言いたかったんです。

        あの続きは、mamasista主義の方にアゲていく予定です。

        もしも、そういう、なんだかオチてるな〜〜とか、なんだか今までみたいに行かなくなってきた・・・とか、なんだか逆風に変わってきてしもうた、とか、そういう流れになってしまってる人がいたら、覗いてみてね。

        もちろん、今ノリにノッてる人は、どんどんいっちゃってくださいよ!!!
        でも、足元だけはしっかりと踏ん張って、舞い上がらないように・・・!

        いいときの過ごし方が、オチたときにも影響するし、オチている時の過ごし方が、いいときに反映される。ほんとに!これだけは間違いありません。

        もしかして、当初から今でも来てくれてる人がいるとしたら・・・

        なんだか縁を感じますねっ!!!ありがとう!

        そしてまた、なにかのきっかけで新たに寄ってくれてる人もどうもありがとう♪
        今後ともごひいきに♪

        今後形を変えていくかもしれないけど、今のところは続けてみます。
        継続は力なりっ!?かな〜・・・(自信ない)


        それでは、とりあえず、あとでまたVideo更新する予定♪













         
        auther:mama-J, ★Talk,others, comments(0), trackbacks(0)
        天中殺、大殺界、ゼロ地点??
         
        0
          JUGEMテーマ:日記・一般
           またまた、こんばんわ

          どうしたって、ちょっと今ニュースで見ました。
          238億円当たったアメリカ人の若者の話題をっ!!!

          ニール君(23)
          1,500円分、winnerって名前のコンビニで買ったそうな。

          でもアメリカって、当たったら顔出さなくちゃいけないんだってね。
          宣伝のために。出ないと受け取れないみたい。

          その後の人生心配になってしまうけど。

          って、めちゃくちゃ余計なお世話過ぎましたか・・・ふん。

          ニール君は、家族で牧場経営していたけれど、経営悪化でクズ鉄集めで生計をたてていたとか。

          でも真面目そうなニール君、「今まで地域の人たちにとてもお世話になったから、何倍にもして恩返ししたい。浪費はしない」と語ってます。

          いやいや、やっぱりお金は必要な人のところに行くって言うけど、こういう話を聞くと、なるほど〜〜って思います。

          それに、当たったからって優しくするんじゃなくて、困っていたから助けていた地域の人たちのところにも、巡り巡っていくんですね〜。お金さんって。
          金は天下の回りものってことで。





          で、どうするどうする〜〜〜っ???


          だから、もし、もし、当たったら〜〜っ!!!

          それも1億円とか、すぐに使えちゃいそうな金額(?)ではなくて、数百億円!?とか、使うにも才能がいるような金額だったら!?

          こういう、一見ばかばかしく感じるような話題って、その人の本音やら深層心理やら、案外垣間見える。彼氏とか彼女と話してみてごらんよ〜。
          惚れなおすか、幻滅するか・・・・当方一切責任取れませんけど!


          え?「好きな男に貢ぐ」ですと???お嬢さん、それだけはだめだって。
          命が危ないだろ!!!







          さて。
          題名ですけど、そうなんです。
          実は今、まさしく・・・・まっただ中。

          自信喪失、やる気も起きない、生産性低い〜〜・・・ってことで、ますます自己嫌悪に陥って、存在価値も見いだせないという、真っ暗やみ状況なのさ。

          いい年齢までくると、そういう波が、そうね〜、少なくとも三回くらいは来てることになると思うんだけど、(12年に一度くらいとしても)信じてなかったり、全然無頓着だったりもしてた、今までは。

          でも思い返してみたら、「なるほど〜〜〜!!!」って納得できたりする部分も確かにある!

          今回もまだまだ先じゃん!って思ってたら・・・

          実は占いとかそういったものはあんまり信じないタチ。あんなの当たらないでしょ?

          なのになぜ?

          それはムスメを見てたから。そして同じ年周りのお友達も。

          彼女がオチていた時期というのが、可哀そうなことに17〜19歳くらいのとき。

          なんだか少しずつ落ちていく感じ・・・というか。
          今まで苦もなく出来ていたことが急に進まなくなったり、それを自分のせいだと責めたり・・・

          なぜ?どうして?!って焦りから、これじゃあいけない!!ってやたら動こうとしたり、新しい場所に移動したくなったり。

          そして動けば動くほど、納得いかない状況になっていく・・・
           
          実はこういう行動って全部ダメ。裏目に出ます。

          そしてその二〜三年が過ぎてくると、これまた、さ〜〜っと逆風が追い風に変わってくるんですね〜。

          それはもう、驚き。

          でも彼女たちはまだ若かったし、物心ついて初めての運気の下降を経験したわけで、それは一回りたくましくはなってる。

          だけど上昇してくると信じられないほどに、するすると物事が動き始めて、同じ努力をしていてもどんどん報われ始める。


          やる気があふれ出して、それがまた、どんどんいい方向にいく。明るくなって顔つきも変わり、人が集まってくるようになる。

          これをまじかで見てたもんだから、「人間なんて、結局は神様の思し召し。はっきりいって人生は、自分の思いも及ばないところで動いてることは間違いない。努力や無理することだけでは、前進できない」ってことに辿りついた。

          まあ、40にして惑わずなんて大うそ!惑いに惑ってやっと平静を保つことが最近できるようになってきた。

          自分が落ちている時期に周りを見ると、自分以外はみんな幸せそうに見えることない?

          だけどそう見える人は追い風が来てる人。そういう時期の人。

          そういう人も逆風が吹いていて、同じような気持ちでいたことは間違いない!

          それも少し前まで。

          経験上、いい時期って、なぜか悪い時期のことを忘れていたりする。

          そういう舞い上がってるときは、落ちている人のことなんてあまり考えないし、それが自分様の実力や努力だけだと勘違いしてしまうことも。

          でも実際のところ、この逆風で、全く持ってなんにも味方してくれないようなこの時期に、どう過ごすかで、そのあとの上昇気流に乗れるかが、ある程度決まる気がする。

          ムスメに「明けた!って感じ、してるでしょ?」って聞いたところ、「まあね〜〜」って言ってた。それはこわいほど、今は追い風吹いてますね。

          「今、まっただ中なんですけども!なんか・・・自信もなくなって、なに書いてもすんごくつまんない気がして、消しちゃう」

          そういうワタシに「でもさ、あえて書いたら?逆に残したほうがいいかもよ」
          と言うんですね。

          なるほど?

          じゃあ、開き直って、こういう落ちてる時に有効なことって、いったいなんなのか・・・

          ちょっと掘り下げてみようかと思ってるんだけど、どうなることか・・・(不安)


          大殺界なんて、信じない!と思ってて、別のも見てみたら、結局天中殺でも同じ時期。

          そしてまた、別ので見ても、「今はゼロ地点です(ってどん底!?)」

          ああ、そうですか?わかりましたよ、こうなったらすべて受け入れましょうぞ。

          この時期、どうしたらいいのか?

          まずはこの二つ。

          新しいことを始めてはいけません。
          徳を積むこと。


          この続きはまた・・・・















           
          auther:mama-J, ★Talk,others, comments(0), trackbacks(0)
          << 2/20PAGES >>
          (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.