10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

     
    auther:スポンサードリンク, -, -, -
    ドン・コーネリアス Resting In Love, Peace and Soul!!そしてアフロな日々
     
    << 2020年のあの地図が・・・ | main | Whitney Resting In Peace and Love....!!! >>
    0
      JUGEMテーマ:ニュース
       
      JUGEMテーマ:音楽

      ドン・コーネリアス(1936~2012)が亡くなった。

      悲しい。Resting In Love, Peace and Soul!!

      (余談だが、このResting, 多分エボニクスではないかと思う。SoulTrainのサイトにあった文である。私事だけど前にしばらく会えないでいたときに、Missing u!と言われたことがある。
      ゆ、行方不明って?!なに?とあわてた。だがこれもmiss you よりもまさに今ing!って感じらしい。慣れると文法うんぬん抜きでなら、こっちのほうがしっくりくる)

      コーネリアス=Soul Trainである。そのものなのである。

      Don Cornelius Presents "The SoulTrain!"



      その昔、日本にも店舗が展開していた時代がある。日本版はお台場にあった。セクシーな友達と行ったらお店の人に気に入られ、二人分のインビテーションをくれたのだった。
      「また来ようねッ♪」と言ってるうちにあっという間になくなってしまった。



      ところでこんなのを見つけた。
      http://twitter.com/soultrainlove

      やっぱり同じ思いでいる人たちがいる。
      復活したら嬉しいな〜〜♪

      黄金の90年代Luvだけど、やっぱりGroove!Soul!があってこそ。
      ミルクを入れすぎて薄くなったコーヒーなど飲めるか。
      過ぎたるはなお及ばざるがごとし。


      SoulTrain Channel
      http://www.youtube.com/user/soultrain?feature=relchannel

      ライオネル・リッチーで泣きそうになった。
      You are on soul




      New Efitionが顔に比べて声が子ども過ぎて笑えた。というか、子どもだ。
      ボビー・ブラウンは端っこにいるし!



      いろいろとツッコミどころが満載すぎる。

      このテレビ番組、要するにあの当時のテレビなので、曲がフェイドアウトしていくのだ。シュール。

      そしてきっちりお辞儀をする。
      なんともいじらしい。


      ところでSoulTrainと言えばアフロ!

      やってみたい。今でもあこがれる。そのうちやるかもしれない(止)
      でもあこがれていたのは私だけではなかった。

      ヤツにこう振ったことがある。
      「ねえねえ、アフロやったことある〜?」
      「はやってた時があってさ、オレもやりたくて髪をのばしたことがあったな、一度」
      「へ〜〜〜!」
      今はスキンヘッド。なのでそう言われて勝手に脳内合成していたそのとき...

      「でもさ、みんながやってるみたいな、ほらわかるだろ、きれいな丸いアフロになると思ってたのにさ。。。なんていうかその、横の方に・・・」
      「・・・!!!!What?!」

      お茶飲んでたら3mは吹いたに違いない。
      横て・・・

      結局それであきらめたそうである。
      (それがショックでスキンヘッドにした!とみた)

      そう言われて改めて見てみると、ライオネル・リッチーのアフロってなんだか、長四角な気が・・・
      (縦方向)

      私のアフロは何方向に向かうのだろうか。(横はいや)









      リージョンフリーなんて初めてみた!!





      ジャクソン5のアフロって神懸かり的に完ぺき
       
      auther:mama-J, ★News, comments(0), -
      スポンサーサイト
       
      0
         
        auther:スポンサードリンク, -, -, -
        Comment
         









         
         
        (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.