11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

     
    auther:スポンサードリンク, -, -, -
    Kindle!!キンドル!
     
    << 明けまして・・・ | main | Remembering Michael Jackson Part 2 Video 更新♪&iPad ショック!! >>
    0
      JUGEMテーマ:読書
       
      昨年のアメリカのクリスマスシーズン、「何がほしい?」と聞かれて「Kindle!!キンドル!」と答える人が急増中だったとか。

      いや〜、これは素晴らしいわ〜〜!!Kindle!!

      昨日もニューヨーク・タイムズ社が大規模なリストラを行ったとか、時代はインターネットに移行しつつあり、新聞、雑誌の行く末は・・・とかいう話題をクローズアップ現代で扱っていた。

      ネットは興味がある記事だけPick Upしやすいし、いつでもCheck出来る。過去記事も探しやすい。

      でも私的にはそれだけではない、大きな理由がある。

      本も、新聞も、結局は「物質」としてかさばりすぎるのである!!そしてまた、検索できない!!

      少し前に日本で起きた地震で、女性が本に埋もれて亡くなったという記事は、衝撃的であった。

      今までは「Digitalなんて、とんでもないわ。やっぱり紙の本、印刷の凹凸、表紙・・・この手触りが・・・」なんて悠長なことを思っていたけれど、ITに慣れてくるとまず検索できないもどかしさが先立つ。

      どこかに載ってたけど、どれだっけ・・・?
      あ!あれか。で、あの本どこ??・・・・

      本が増えるとその分探すのも容易ではなくなるわけで・・・
      おまけに保存も大変。紙は劣化し、湿気やほこり、虫の心配も出てくる。

      要するに、アナログ盤→CD→ダウンロードと音楽が辿った道筋を本も辿る。

      なので、ハードカヴァーなどという贅沢品は、コレクターくらいしか持たない時代がもうすぐそこではなかろうか。

      逆にアナログ盤のよさも見直されてわざわざターンテーブルを用意して「ぱりぱり」という音を楽しむのと、紙の本を「ぱらり」とめくる楽しみが、きっと同じになる。紙の本はなくならないとは思う(希望)再版がなさそうなレア本は取っておいたほうがいいかも。

      それにしても何故、日本版BookReaderがまだ普及していないのだろうか。
      たとえばPSPなどでもそういうソフトはあるけれど、本の種類があまりない。

      やはり品揃えと連動していないとまずい。
      その点、amazonは強い。

      Kindle日本版・・・まだ・・・!?

      今のところ、amazon.comに登録すれば、洋書はダウンロード出来る。
      早速試してみたが、ほんとに60sec!!である。
      今は1$=90円台だから、洋書もgetしやすくなった。

      KindleはPCあるいは、iphoneに、Freeでダウンロード可能。
      文字の大きさも変えられるし、これって、慣れちゃったらもう、戻れないかもしれない・・・
      もちろん、本体は軽くて持ち歩けそうだし、いつでもamazonからダウンロード出来るみたいだから、早くこっちがほしい。

      なんと、本体では、読み上げ機能も付いているのである!!
      目が疲れてもこれなら大丈夫ではないの。洋書だったらリスニングにも使えるし。


      ここ5年くらいで、このスタイルが定着すると思う。No Doubt.

      こないだも、FreePaperのL25で、ここ十数年での荷物の重さを比べる記事があって、とっても興味深かった。

      CDを何枚も持ちあるていたことだって、今じゃ想像できない。こう、本みたいになってて、ケースから出してCDだけを入れるやつ。懐かしい。

      でもその前は、カセットテープだったのだ。(MDってのもあったね。いまだに使ってるけど・・・)

      今どきの女子が初期のWalkmanを見て、「これってあんまり曲が入らないし、テープがかさばって大変そう!」
      それどころか、頭出しだって、出来なかったんだよ・・・でもやっぱりあの当時音楽が「持ち歩ける」だけで画期的だったのだ。

      要するに本だって、そうなる。

      特に辞書!!電子辞書もあるけど、いくつも持たなきゃいけないし・・・
      Kindleに全部辞書が入ってたら・・・と思うと夢のようである。

      「え〜、昔の人ってこんなでっかいもの、何冊も持ち歩いていたの?!」などと言われるにきまってる。そうだよっ!!重いんだよっ!!

      CDだって、ここ20年くらいの歴史なんである。そしてとうに・・・廃れた。
      それくらい、移り変わりが激しい。

      これはだいぶ前のニュースだったけど、ワールドリポートという世界からの話題で、フランスの小学校が「子供が抱えてくる荷物(学用品)」を軽くするため、デジタル化をしたという。

      黒板ではなく、デジタルボードで、宿題もプリントはなく、自宅でダウンロードする。
      病気で休んでも、連絡事項はすべてコンピュータからダウンロードする。

      子供たちは活き活きとしていて、「面白い。ボードの前で発表したい」とか、「荷物が軽くなって嬉しい」と口々に言っていた。

      そんな学校を取材した日本の記者に学校関係者が「日本ではもちろん、どこももうやっていることなんでしょうが・・」と恥ずかしそうに言ったところ、記者が「そんな学校は一つもありません」

      そのときのそのフランス人の顔。「えっ!!・・・(絶句)そ、それは・・信じられませんね。あの・・・日本がですか?・・・いや〜、まあ、あなたがそう言うなら信じるしかないですが・・・ほんとに?」

      ほんとほんと。私も信じられませんよ。ったく。





      とりあえず日本版・・・お願いします。



      amazon.com
      Kindle DX こちら(ページのリンクのみ)動画もあるよ。
      http://www.amazon.com/Kindle-Wireless-Reading-Display-Generation/dp/B0015TG12Q/ref=amb_link_85156411_2?pf_rd_m=ATVPDKIKX0DER&pf_rd_s=left-1&pf_rd_r=0QPM8S2X7FQYED6J2RP7&pf_rd_t=101&pf_rd_p=66620322&pf_rd_i=1284007011

       
      auther:mama-J, ★Talk,others, comments(0), trackbacks(0)
      スポンサーサイト
       
      0
         
        auther:スポンサードリンク, -, -, -
        Comment
         









         
         
        Trackback URL
         
        トラックバック
        ,
         
         
        (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.