09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

     
    auther:スポンサードリンク, -, -, -
    うそのような本当のお話・・・
     
    0
      JUGEMテーマ:日記・一般

      気がつくともう、秋。

      曼珠沙華の花が、道路脇の植え込みの、これまた目立たな〜いところに、とてつもない主張を持って咲いていた。

      さすがである。彼岸花としてのプライドか。

      などと言っている間にも、ワイクリフは大統領候補として認められずに、立候補をあきらめるという、残念な事態になってしまった。

      あんなに盛り上がったこの気持ちはどうしてくれる!?

      でもこれこそが、理想と現実とのギャップ。なんだかわからないけど、見えない力が(裏の権力とも言うらしい)働いたりもするかもしれないし、結果的に頓挫してしまうことだってある。

      個人的には彼の大統領姿を見てみたかったけれど、彼のためにはこうなる方がよかったのかもしれない。

      こんな大それたことがいろいろと起こっている地球の裏で、私はというと、まるっきり嘘のような、でも「信じて、本当だってば!」というような、出来事に遭遇していた。まあ、自分が一番信じられなかったのだけど。


      それはある夕方のこと。

      いつもは通らないんだけど、郵便局に行った帰りに近道をして、小さな公園の脇を自転車を押して歩いていた私の耳に「やめてよっ!!!」という叫び声がしたのである。

      「はぃ?」

      私はぎくりとして立ち止まった。

      続いて「なんなのよぉ〜〜っ!!!」


      振り返って見るが、その小さな公園は、実は街路樹に隠れていてほとんど見えなかった。

      自転車片手に立ち止まった私は次の瞬間、「あ〜??」という語尾を思い切り上げて、ついでに眉間にしわを寄せてからじゃないと出ないだろう心のつぶやき(たぶん少し口走った)をし、目を凝らして公園をのぞき込んだ。

      それはなぜか?

      「やめてよ〜っ!なんてことするのよ〜っ!!」

      その叫びだって、十分に事件である。

      がしかし、問題はそこじゃなかった。


      叫んでいる内容じゃなく・・・「声」だった。

      そう、その声は・・・





      野太かった。

      しかもどこかで聞いたことがあった。

      どこかで・・・



      あっ!!あれだ、あのゴールデンエッグスのキャラクターの、ローズ&マリーっ!!

      彼ら(?)がテニスをするときに出す「あうっ!!」っていう、あの部分、あるいはクロール中に息継ぎするときに出す「はうっ!!」っていう、あれ・・・まさしくあれ。

      眉間にしわを寄せたまま、呆然と立ちすくみ、まだ自分の耳を疑っているわけだが、今度は自分の目をも疑う羽目になる。

      好奇心が勝ち、通り過ぎることが出来なくなって、街路樹の隙間から、その野太い声の方をじぃ〜っとみつめる。が、そこには高校生らしき男子が三人、いるだけなのである。

      他に人影は、ない。

      「・・・・・」

      アテレコかい。えぇ?
      アタマの中でひとりツッコミ。

      状況が飲み込めず、かといって自転車を押して近くまで行くわけにもいかず、「あ〜、くそ〜、透明人間ならな〜〜」などど不謹慎な気持ちがわき上がる。

      見えそうで見えないその公園にいる、三人。

      私の世界には、この三人しか存在していなかった。

      その短い間にも「なんてことするのよ〜っ!!」という悲痛な叫びが。

      相変わらず野太く、そして語尾は声が割れている。

      ”な、なんてこと、って、どんなことや?!”

      どうやら、ちょいとぽっちゃり目の高校生(なんせ制服)が二人のすらりとした高校生におもちゃにされているようなのだ・・・

      ボールのように押されて、押し返されて「あうっ!」ってなっているその姿・・・

      すると今度はその二人の高校生の笑い声が聞こえてきたのだ。

      それも、笑いすぎて力が抜けてしまった感のある「脱力しきった」笑い声。

      やべ〜腹いて〜的な。

      「ひ〜」「はははぁ」「あははは〜」

      この目で見てこの耳で聞いているのに、のみこめない。

      追い打ちをかけるかのように、ぽっちゃりおねえ系高校生男子がこう叫んだ。

      「あんたなんか、あんたなんか・・・・いなければよかったのよおおお〜〜〜っ!!!」



      いやだから。ちょっと待て。

      夕方、小さな公園。いるのは高校生のみでしかも男子。なんだか知らんが間違いなく修羅場。

      ”これ、透明人間じゃなくても、近くに行って見るだろ??普通。見るよね。ね?”

      年甲斐もなく正当化しようとしたが、ふっと我に返り、そんな修羅場を覗き見しているオバちゃんの図があまりにも怪しいのでやめた。

      私の横を、おじさんが何人か通り過ぎていった。

      放心状態なのに気づき、「あ、あんた聞いたの初めてかい?そりゃ気が動転するわな」と言わんばかりに苦笑していた(気がする)。
      もしかすると、近所では有名なのかもしれない。



      あのぽっちゃりおねえ系高校生男子は、きっとあの二人のどちらかに「告白」した。

      そして「公園で待ってる」と言ったか言われたかして、そこに来たのだが、まさかの友達連れで現れて、ドッジボールのように、扱われてしまったのだ!!

      ああ・・・(涙

      あの悲痛なローズ&マリー(のテニス)の声が・・・今も耳から離れることはない。

      たぶん一生ないだろう。

      そしてひっそりと「マツコさんみたいに強くなるんだよ・・」と心の中で祈った。







      いくつになっても天と地がひっくり返るようなことって、起こるものである。

      ひっくり返りすぎて、今のところ元に戻ってるけど。

      いや、待てよ。

      今立っているここって、本当に・・・










       
       
      auther:mama-J, ★Talk,others, comments(0), trackbacks(0)
      どうなってるの??What's wrong, China!?
       
      0
         JUGEMテーマ:日記・一般



        暑い。なんなんだこの暑さ。完全に亜熱帯なじっとりした暑さ!!
        多摩川に外来種がけっこう混じっていて、その種が生き延びて、タマゾン川と呼ばれてるそうな。
        確かにこの暑さで生き延びていることが可能になったのかもしれない。

        「ここは、アマゾンだ!ここは・・・ハワイだっ!!ここは、ここは・・・どこか南の島なんだ〜〜!!」って思いこんだら、どこにも行かなくていいじゃん。と思い、エアコン切って扇子でパタパタやったりもしてみたが、そのうち顔が真っ赤になってきて、あやうく熱中症になりかかった。ばあさんが無理してはいけない。
        ちなみに、ハワイがいくら気温が高くても熱中症にならないと思うが、湿度がおおいに関係してるからだとか。過酷な日本の夏よ!

        さてさて、Twitterでもつぶやいたけど(間違えてるし)上海にいる親友が国際電話してくれて、久々に話して盛り上がった。

        がしかし・・・

        「ねえ、さっき送ったメールのYouTube見た??どうだった??」
        「あ〜〜、だめなんだわ」
        「ダメ??ダメってなんで??」
        「検閲かかってるわ。見れない〜〜」
        「エ〜〜〜〜〜〜???!!!』

        もちろん、ただの音楽系の動画である。

        前にも東京で彼女と彼女の甥っ子(16歳)と話したときにそんな話になった。

        「見れないの??動画とか」
        「見れない。メッセンジャーで友達と話したりとかも、よくするけど、いきなり出来なくなったりする。いきなり!!」
        「うっそ〜〜〜!!!信じられん・・・」
        「すごくいやだ・・・ほんと、やだ」





        どうなってるの中国。




         
        auther:mama-J, ★Talk,others, comments(0), trackbacks(0)
        日本!!ばんざーい!!祝決勝T進出!
         
        0
          いや〜、ほんとにすばらしい試合!!大興奮!!
          3−1なんてすごすぎ。
          3Dで見てみたかった〜...こんなに明るくなってくるとは思わなかったがしかし。

          もち、一緒にジャンプ!これからも応援していきますとも、ハイッ!!
          それにしても、始まる前の期待度が低かったことがバネになったんだろうか。
          つぶれることなく、甦った姿から感動をもらった人も多いに違いない!




          注:W杯日本対デンマークの試合直後更新

           
          auther:mama-J, ★Talk,others, comments(0), trackbacks(0)
           1/20PAGES >>
          (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.